ドリスに続きモードっぽい白シャツをもういっちょう。
最近のフランスのブランドである。デザイナーは2人組。
レゼレガンツ
以下抜粋。
A “contemporary masculine chic” style that combines elegant fabrics and high-quality tailoring.
– European fabrics, mostly Italians
– Genuine mother-of-pearl buttons
– A choice of fitted or slim fit
コンテンポラリーマスキュリンシックですよと。
だいたいイタリアの生地で、マザーオブパールで、スリムフィットだと。
生地は確かに滑らかで気持ちいいが120番手位。
ボタンは高瀬貝だった。
Editionで見た時、7分袖の開襟シャツがとても良かったのだが、値段が高かったのでスルーした。
そしたら同じデザインと二度と巡り合えないという悲しい事態に・・・。
DSC_1775.jpg
セールで購入したやつ。
っていうかB品ちゃうんかこのタグの傾き具合。
大丈夫か。早速経営傾いてないか。
DSC_1776.jpg
全体のバランスとしては丈短めの袖長めでスリム。
ショートポイントの襟のバランスはとても良い。
厚さや曲線具合がとても好み。
フロントは8ボタン。
基本の7より多く、スパンが短い。
DSC_1778.jpg
特にガゼットとかは無い。
細部の処理も特別良いわけではない。
そういう趣旨ではないシャツなのだからまあ、いいんだけど。
DSC_1777.jpg
ヨークの切替もすまし顔。
まあ、ふつうなのだ。
全体のバランス、雰囲気が売り物のシャツなので。
実はこのシャツ、ネクタイが付いてきてて。
カラーの下にネクタイをひっかけるループが付いている。

全然使いこなせない。
ペッラペラのネクタイで嫌なので、ジルサンダーのナロータイとかを合わせている。
これに合わせて、モードっぽいラペル幅が小さいセットアップスーツを探している。
ギラついているのばっかりで気に入ったのは見つけたことが無いのだが。