俺の、戦争が終わってないんです

ゴジラ-1.0
見た目のカッチリさと違いソフトブリーフ

かばんの旅は終わらない。旅は基本的にトートバッグだったわけだが、ブリーフケースのルートもある。長い事使っていたHERGOPOCHからsaicにて切替えて完成、と思いきや、ブラックの靴と地味なスーツに合わせる役割のバッグがない、と思いこのワイルドスワンズに。国産あるいは日本人が作っているもの、というルールは極力踏襲していたので、選ばれたのがこれだった。

この鞄もあがりではなく、その旅もやめた。「ブリーフケース」というジャンルを見限った。

いらない刻印、でも金具はいい。目に障らず、変な音もなくスムース
触感でエクセラとわかるオリジナルジップ

鞄はやはり金具。金具には極力邪魔しないでほしい。使い心地が良いのは大前提。あとは見た目。これはロゴが入っているものの、そんなに主張しないのでそこはOK。光り方も全体のマットな質感に調和していて問題ない。

持ち手は厚みがあり柔らかいが、しっかりした芯材が入っており頼もしい
底鋲は5つでポチっとあるものよりも少しだけ高さがある
メインコンパートメント以外に、マグネットボタン付きのピッグスキン裏張りのサイドコンパートメントが二つ

機能性は申し分ない。シンプルさに徹した大峽製鞄と違い、サブの収納もある。持ち手のしなやかさも良く、何も言う事がない。

革はドイツのぺリンガー、シュランケンカーフ。型押しのシボとは違う、本格派の縮ませ革。高級レザーの中では丈夫で耐久性があり雨にも強い。この革はとにかく強く、多少の傷などは気になるようなレベルにならない。まさしく永年使う想定をされている革。saicのトリヨンクレマンスもそうだが、本格シュリンクレザーは密度が高いため重い。

傷が目立たない

ブリーフケースそのものをやめた理由。自意識だ。ciseiやcelleriniなど、革のブリーフケースをずっと探してきたのだが、どうしてもカチっとしたものをシングルブレストスーツに合わせるのが恥ずかしい。以前はそんなことは無かったのに、無理になってしまった。

ジャケパンやダブルブレストのスーツなら問題ないし、ボストンバッグなら問題ない。でも、ダブルブレストは着ないしボストンも持つ機会がない。それに、ブリーフケースそのものが放つ「キメ」が苦手だ。難しい話なのだが、「仕事ができる」感が全面に出るのが恥ずかしいのだ。ぼくは勉強ができない、ではなく、私は仕事ができない。今の仕事の性格もあるが、会社に貢献している自覚はない。それなら相応しい恰好をすべきである。

というわけで、ブリーフケースで答えを見つける事は不可能、結論付けた。特攻さながら鞄を攻めるのではなく、家族を大事に庶民的に生き延びる。今はそういう感じで、その辺のショッパーとナイロンのPCケースを使っている。こういうのでいいんだよ、こういうので。

ソフトブリーフなのに強い革、現代的なアプローチだ