シャツNo.97 piazza marconi ピアッツァ・マルコーニのシャツ


ジョバンニ・イングレーゼという南イタリアの有名なシャツファクトリーがある。
鳩山首相のクレイジーシャツ事件の時に一瞬騒がれたブランド。
シャツ通の間ではある程度有名だったと思うのだが…。
価格はかなりのもの。
以前、手に取ったシャツが軽く30000円を超えており凍りついた覚えがある。
そんなイングレーゼにセカンドラインがある、という話をショップの人から聞いた。
ある日、それは「ピアッツァ・マルコーニ」というのだとわかった。
それから3、4年しただろうか。
偶然古着で見つけてしまったのだ。
p3.jpg
「G I 1955」。
間違いない。
これはGiovanni Ingleseの創業1955年を表しているのだろう。
それにしてもこのきわっきわのステッチライン…。
マロールといい、ピッチそのものが細かい上に凄い技術である。
p2.jpg
アームホールはそうでもないのだが、
ボディはシェイプがかかっており、タイト。
p1.jpg
襟型も非常に綺麗。
生地が非常になめらかでリラックス感があるのだが、タイでもピシっと決まる。
p4.jpg
ボタンは鳥足。
厚みも程よく・・・おや・・・?
何か厚みが均一でないぞ・・・?
と思いきや。
p5.jpg
ボタンホールに入れる側の厚みが薄くしてある。
おいおい、これ本当に一部マシンメイドのセカンドラインか?
p8.jpg
p7.jpg
肩のいせ込みに、ギャザー。
それとバックヨークもギャザー。
p9.jpg
当然のように袖付は手縫い。
p6.jpg
カフのギャザーも美しい。
申し分ない。
ロゴの花が無い、それとガゼットが無い。
かわりにカンヌキがある。
それだけなのだが、このクオリティでセカンドラインとは思えない。
最高級のフルハンドのG.イングレーゼは一体、どこまで感動できるのだろう。


← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > いつも、楽しみに見ています。あと3つですね!頑張って下さい。
    ありがとうございます。100以降はちょっと趣向を変えて週刊化しますです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも、楽しみに見ています。あと3つですね!頑張って下さい。

コメントを残す