シャツNo.149 Maria Santangelo マリア・サンタンジェロのシャツ

「マリア・サンタンジェロ」というと、一般的には3万円前後…

あがりの鞄になれなかったciseiのショルダーバッグ

誰しも最後の鞄がほしいのだと思っていたら、あがっている人…

ジョンロブのシューホーン

まさかジョンロブを手にするとは思っていなかった。 &nb…

東京の店

ショップはいつもどういう所を回るのか、という質問を結構前…

シャツNo.148 Danolis ダノリスのシャツ

DANOLIS。 イタリアのカジュアルシャツブランドだ。…

豚汁の豚汁セットA

  吉野家で「豚丼の豚汁サラダセット」を頼んでから牛丼を…

シャツNo.147 Hardy Amies ハーディエイミスのシャツ

2001年宇宙の旅をこれから観るので、衣装を担当したイギ…

シャツNo.146 Alexander McQUEEN アレキサンダー・マックイーンのシャツ

アレクサンダー・マックイーン。 アバンギャルドでロマンテ…

利工民の金鹿線杉Tシャツ

あけましておめでとうございます。 新年一発目だし縁起のよ…

シャツNo.145 GIVENCHY ジバンシーのシャツ

ジバンシー? ヘップバーンの愛用ブランドだっけ、ああ後任…

2016年ベストバイ、ベストミュージック

2016年ベストバイ、ベストミュージック 購買履歴を眺め…

シャツNo.144 Casey Vidalenc ケーシー・ヴィダレンクのシャツ

洗濯機が生み出したボロ布ブランド、ケーシー・ヴィダレンク…

FRANK LEDERのジャーマンレザージャケット

生地の贅沢。 一般的に贅沢でイメージされるものは、蓮の葉…

鎌倉シャツの350END KING’S NAVYのツイルネクタイ

今回は今絶賛発売中鎌倉シャツのネクタイ、350END K…

ラングの復活

ラング。 「ヘルムート ラング」メンズラインが復活 G6…

よそう、またシャツになるといけねぇ

  近頃はめっきり寒くなりやがって、なぁ、俺みてぇに身体…

シャツNo.143 PRADA プラダのシャツ

シャツNo.143 PRADA プラダのシャツ 御殿場ア…

適切なシャツのアイロンと収納方法について

適切なシャツのアイロンと収納方法について   …

シャツNo.142 pegaso ペガソのシャツ

pegasoというFRAYの別ラインのシャツブランドにつ…

鞄が欲しいんだよ

欲しい鞄が見つからない。 「自分が欲しいと思えるものが無…

風をあつめて

京都のとある居酒屋に行った時、中央に日本酒の銘柄のような…

シャツNo.141 Brooks Brothers Own Make ブルックス・ブラザーズ・オウンメイク ポロカラーシャツ

アメリカのトータルブランド、ブルックス・ブラザーズ。 今…

Oppa Cannabis Style

ナチュラル・シンプルスタイルみたいなリンネル系、というか…

最近のイタリアのシャツの近況について

ふと過去の自分の記事を読んでいて、「うーん、この子今では…

大震災で倒壊しそうな家を出る時に一揃いだけ持っていく服

夏のはじめから、私はセールそっちのけで重衣料が欲しい。 …

シャツNo.140 土井縫工所のマスターシードコットンシャツ

  さらっと先週お盆だからとサボってしまったの…

シャツNo.139 土井縫工所のノンアイロンシャツ

ビジネス用のシャツというのは、10,000円を超えたら異…

シャツNo.138 GUCCI グッチのシャツ

グッチ。 創業者の影は消え、グッチ家からも離れ、ドラマに…

白い服の男

白い服が怖いという話である。   シャツという…

CREEDのベチバーにより夏の香水探しに打たれる別の形の終止符

天下のCREED様の香水を最後に夏の香水探しをやめた。 …

靴は風景を湛える―「紳士靴九話」

紳士靴について書かれた書籍である、「紳士靴九話」。 書い…

シャツNo.137 私が作ったシャツ

18時間を費やして最新の設備をフル活用しプロの手厚い指導…

私はシャツを作る 後篇

前回に引き続き今回もシャツの講座について。 3日間、計1…

シャツNo.136 ANSNAM それぞれのアンスナム

  基本的に同じブランドについては書かないよう…

私はシャツを作る 前篇

シャツを作っている。   先週はブログも更新で…

シャツNo.135 Vincenzo di Ruggero ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ

ブログ移転早々まーたナポリシャツかよ? このブログを読ん…

マークジェイコブスの50万円のカシミヤシルクパーカー

最高額?マーク ジェイコブスのスウェットが上下で100万…

ビルの色気

※某アーティストのヤンキーホテルを意識したつもりではない…

「失敗した買い物様」との向き合い方

友人からやネット上の口コミで「ドルツ ジェットウォッシャ…

香水のワードローブ

世界でもっとも有名な調香師の一人であり、若き天才、フラン…

シャツNo.131 MINAMI SHIRTS 南シャツ 後篇

前回の注文編の続き。 1月後半にMinami Shirt…

変態(@komaki1025)のシャツ

ファッションはやっぱり偉大だという話をして欲しい、という…

フランクリーダーのビオトープで着てそうな粗い感じのシャツ

草食系男子のくくりというか、 いわゆる流行の塩顔男子やら…

ベネチアの抱擁

「お願いだ。 金を貸しておくれ。 あの子にプロポーズする…

TOKYO TRUNKSのトランクス

さいきんは丹田呼吸に慣れつつあるので、寒い中、下着一枚で…

シャツNo.134 ISAIA イザイアのシャツ

アットリーニのシャツをセールで買ったので、似た柄の懐かし…

schiesser シーサーのカットソー

最近では、シャツの上に来ていたニットや、インナーだったカ…

服が好きなこじらせの映画5選

服が好きなこじらせの映画5選. 洋服が好きなやつは大抵映…

シャツNo.133 ETON イートンのシャツ

1928年創業のスウェーデン高級シャツブランド。 イギリ…

適当な音楽の話してたらこれどぉなっちゃってんだよ

“時間はあっという間だ、すぐに過ぎていくんだ…

シャツNo.132 Sunny Sports サニースポーツ ダンリバー社生地のシャツ

アメカジはあまり好まない。 が、友人からもらった。 サニ…

シャツNo.131 MINAMI SHIRTS 南シャツ 前篇

あけましておめでとうございます。 MINAMI SHIR…

ベストバイ2015

普通に書いたら当然パーカが出てくるし、ほとんどシャツで埋…

シャツNo.130 YAMAGAMI SHIRT 山神シャツ 後篇

前回紹介した山神シャツ、今回は細部について紹介する。 何…

シャツNo.130 YAMAGAMI SHIRT 山神シャツ 前篇

今年最後のシャツはこちら。 満を持して。 落合正勝は、F…

痛み十三

今週末は体調不良につき休み。 来週戻ってこれれば幸い。 …

2015年の音楽でベストでも

さて、コールドプレイの新譜を聴いて「ポスト童貞ってここま…

カッターシャツとワイシャツ

大学時代に関西からやってきた教師志望の奴と話をしていてシ…

シャツNo.129 FIRST EXPERIENCE ファースト・エクスペリエンスのシャツ

ゴールド・エクスペリエンスと言いたいところをグッと押さえ…

緑の灯火

50代後半で、葉巻をくゆらせバーボンをたしなみ、フィッツ…

ピアノNo…なんだっけもう忘れたけど冬の曲とか

Joanna Newsomの先月の新譜は相変わらずハイレ…

徳利

ザノーネのDVかなぁ、いやロベルトコリーナかなぁ、 ドル…

シャツNo.128 bagutta flower バグッタ フラワーのシャツ

ミラノのBaguttaはもちろん誰でも知っているだろう。…

最強の生地、あるいはオーバースペック症候群

場所は原宿、ノースフェイス。 ”新世代タンパク質素材の実…

シャツNo.127 ユニクロ×ルメール シャツ

クリストフ・ルメール?誰? ラコステ、エルメスを手掛けた…

服の寿命と資産価値

10月1日、クリーニング事故賠償基準が更新された。 16…

シャツNo.126 LIMITED EDITION イトーヨーカドーリミテッドエディションのシャツ

しまった、最近シャツ紹介を全然書いてない。 本来の「タイ…

やぎのもうふ

“宝物も毛布もいらない 素敵な靴もねえいらな…

面倒な珈琲の病

珈琲のドリップ方法について。 休日に4回ドリップ方法を変…

トマスのぼうし

そういえば、 友人からすばらしいプレゼントをもらった。 …

年間の平均気温統計から考えるシャツを着られる日数についての暴論

「そんなにシャツを持ってていつ着るの?」 「365日着て…

客観的ではない記述

シャツを記述のみにより各者の心のうちに想起させ、後半で画…

キアロスクーロ

その昔、シャツはそのディティールで語られることは多くなか…

オタッカイズ

チェックシャツである。 しかも、半袖。 敬愛するステファ…

鈴木理策写真展 意識の流れ オペラシティ Risaku Suzuki

暑さに押しつぶされそうな中をぶらついていたら、 ミュージ…

訳があってよく休んだ。 子供の頃。 風邪を引いたり、イン…

シャツNo.125 Ciriello チリエッロのカプリシャツ

夏だねー。 海? 行ってないねー。 アイス? 食ってない…

CALZEDONIA カルツェドニアのベストなホーズソックス

世の中にはアフィリエイターlike a石油王を目指す人も…

モードを買う感覚を丁寧に思い出す時の苦味

イブサンローラン。 イブサンローランの最上級ライン、 リ…

イセタンを着た哲学者

悪魔はプラダを着るらしい。 天使はエルメスを着るのかもし…

シャツNo.124 Emanuele Maffeis エマニュエル マフェイスのシャツ

その昔、ラフィネリアという店があった。 丸の内にあった、…

財布を極めるつー

財布探しの旅である前回の続き。 長年連れ添った二つ折りの…

財布を極める

鞄難民、ベルト難民、時計難民、コート難民・・・ あまのじ…

シャツNo.123 TOM FORD トムフォードのシャツ

むっちりとしたコットンジャケットを見て欲情した為、 むっ…

鯖缶に敬意を抱いています

先週末はあまりにも鯖缶ばかり食べたのでステマでもしよう。…

羽根の行く先は

襟羽根。 シャツの顔。 肝となる所。 その羽根のロール具…

シャツNo.122 Frank & Eileen(フランクアンドアイリーン)のシャツ

天下のロンハーマン・・・というとなんだかdisってるよう…

アヒル

明るいうちは陽の光で暑く、風が川のように涼しい。 夜は肌…

Azzurro cascata

青が好きだとかいう事は以前書いた。 それくらいワードロー…

Red Sunday

アルメニア・ジェノサイド。 未だ論争の決着は付いていない…

身体はシャビー!頭脳は錦!迷探偵シャッツ!

何言ってんだろう。 アラスカに行ったことがあった。 当然…

自分のものにする過程

イタリアのファッショニスタは必ずお直しをする、という話を…

シャツNo.121 Rajesh Pratap Singh ラジェシュ・プラタップ・シンのシャツ

春。 「木の芽時」といって、ちょっとおかしな人が増える。…

ピアノNo.7– JAMIE ISAAC —

何かっていうと暗い音楽ばっかり聴いている印象を持たれてい…

80mm ゆのみ by秋田道夫

コーヒーをよく飲む。 そういった時に、以前は取っ手付きの…

今年こそはタイコクラブに行きたいです、というコノテーション

and wanderとか流行っているんだかなんだかわかり…

この生地だけは

先日、とある下町のシャツ職人にカルロリーバのスーパーリー…

シャツNo.120 KENZO ケンゾーのシャツ

ETROとDRIES VAN NOTTENとKENZO。…

第一回良質シャツ検定(第ニ種)

公益財団法人良質シャツ頒布協会主催 第一回良質シャツ検定…