シャツNo.104 Charles Tyrwhitt チャールズティアウィットのシャツ


ロンドンはサヴィル・ロウ。
様々な歴史的テーラーが名を連ねる、いわばスーツの聖地。
そこにあるイギリスらしいシャツ屋。
それがチャールズ・ティアウィット
一回でも利用するとそのしつこいまでのカタログ送付にびっくりする店。
ジャーミンストリートで買ったT.M Lewinは、
しばらく買わないとわかるとすぐにカタログ送付をやめるのに、
一度ネットで購入しただけのティアウィットは容赦なくドスドス送ってくる。
「ほらいつ買うのまだなのほら早く大丈夫だから早くほら」みたいな勢い。
外国からだからロイヤルメールなんだが、
経費大丈夫なのか・・・。
ct0.jpg
ct1.jpg
襟はショートのホリゾンタル気味で、エクストラスリムを買った。
そしてノンアイロン。
これがガッシガシ使えるんだわ。
ct2.jpg
カラーステイは金属。
このがっしり感が英国。
ct3.jpg
ダブルカフスなんだけど、穴が二つあって
アジャスタブルになっており、折返しの長さを選べる。
ct4.jpg
ボタンの質は大したことは無い。
ct5.jpg
英国シャツお約束のスプリットヨーク。
元ターンブルアッサー出身の女性シャツデザイナー、
エマ・ウィリスの店で仕立てると、
ちゃんと左右の肩肉の違いにあわせて作られるとか現地で聞いた。
そもそも価格含めてエマ・ウィリスでオーダーするハードルが高い。
そして英国人を馬鹿にするわけではないが、
そんな細部に気を遣う気質とは思えないのだが…。
ct6.jpg
こういう風に、細部はいいかなという気質だと。
巻き縫いじゃなくワークシャツ系の2本縫い。
インナー着るのでいいのですけどね。
ct7.jpg
イ、インナー着るのでいいんです!
しかし、丈夫だしアイロンいらないし、
襟等のバランスも良いし、
総じてコストパフォーマンスは良い。
セールでだいたい格安になって一着5000円程度。
(今はポンドが高いのでなんとも言えないが。)
モノによっては4枚100£で格安。
ぜひ一度お試しあれ。
袖が長いって?
これを使うのがジェンツ!!


← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > はじめまして。
    > こちらのシャツ、サイズ感はいかがでしょうか?
    > TMLewinのFullyFittedを1枚持っているのですが、
    > 個人的に若干ゆるいなーという感じでして(袖幅、身幅)、
    > CarlesTyrwhittのExtraSlimが気になっております。
    > 個人差あるかと思いますが、もし良ければ参考にさせて下さい。
    satoさま、はじめまして。
    ルーウィンは最近Superfittedとかはじめてるので、昔のSlimしか持っていない自分には
    厳密な比較ができませんのでそれを踏まえて。
    感覚でお話ししますと、ティアウィットの方がアームホールがタイトな気がします。
    また、このシャツの身幅は同サイズの国産セレショスリムフィットシャツと比べ+2cmといった程度でした。
    参考になるかわかりませんが…。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    こちらのシャツ、サイズ感はいかがでしょうか?
    TMLewinのFullyFittedを1枚持っているのですが、
    個人的に若干ゆるいなーという感じでして(袖幅、身幅)、
    CarlesTyrwhittのExtraSlimが気になっております。
    個人差あるかと思いますが、もし良ければ参考にさせて下さい。

コメントを残す