シャツNo.85 guglielminotti シャツ


ググリエルミノッティ。

以前紹介したトゥルッツィと同じく、ミラノのシャツブランドである。
1950年くらいから歴史がある。
聴いたことがある人はあまり居ないだろうと思う。
同じデザイナーが運営するシャツブランド、ググリエルミーナ a.k.a ボンジョルノの方が今は知名度がある気がする。
本国イタリアでは結構有名なブランドで、高くはない。
しかし生産はブルガリア。
東欧は比較的コストがかかる。
ブルガリア・リトアニア・トルコ>モロッコ・チュニジア>中国。
そんなコストの棲み分けのイメージがある。
メイドインイタリーでもないし、だから中途半端な価格設定なんだろう。
日本でアローズで見つけた時、1万半ば位だった。
ついでに言うと、メイドインイタリーだから良いっていうのは当たり前だが無い。
日本製のシャツの方がよっぽどほつれないし。
インコテックスなんか履いた翌日に股がほつれて大変な思いをした。
メイドインイタリーはブランドの一つであって、
イタリアのカミチェリアならではの職人芸は確かにある。
ただ、結局はお国柄。
一長一短なのである。
話をもどそう。
このデザイナーの特徴はディティールにある。
マイターカラーとか、ステッチの色が違うとか、襟裏・袖裏の切替とか、
前立て第2ボタン辺りの切替とか、釦留めの方法が特殊とか、小賢しくなってしまう。
が、ほどほどの遊びなら逆に小粋に感じる。

三つ穴釦。
なぜかカジュアル感を感じませんか?

この値段で細部のこだわりは求めてないので十分良いシャツだ。
柄合わせがあるでもないが、ガゼットもあるし見頃も巻き縫い。

細身で腕が長いのと、大振りな柄、顔が今風のカッタウェイなので、
いつ着るの?今でしょ!という勢いで着ている。
たまにパジャマと指摘がある。
まあ、可愛いということでポジティブにとらえて聞き流す。


← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 コメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    novou様
    大したものは書けませんが、細々と続けますのでたまにご意見をくださいませ。
    音楽は箸休めです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    シャツのレビューを載せてるサイトはないものかとずっと探しておりましたが、やっとこの素敵なブログに出会うことができました。感激です。
    これからも更新楽しみにしてます。
    もちろん音楽ネタも

コメントを残す