トランクショー雑感


4月14日(土)に表参道で実施された東京で一番オシャレな人のトランクショーに参加した。

大量の服達。捨て値価格の服達。でも時価総額ウン百万の服達。

そして服の説明に全力な益荒男。

私はシャツをメインに出して、まあまあ売れた。

 

 

オールデンがごろんごろんしていたほか、パンチの効いた服が大量に揃っており、見るだけでも全然飽きない。

いらっしゃるお客さんとか、モノを見て事の重大さに気付けてたのだろうか。

 

これはローズボールスタイルで「自分の服を全部持ってきた」という「ハイパーイケメン野良クズ野郎」コマキさん自作の、ディオールオムデニムホットパンツ加工ver。そもそも服が売れると着る服が無くなるという背水の陣スタイル、尊敬を越えてもはや接し方がわからない。

 

ご存じ東京で一番オシャレなバーワンが持ってきた下着。彼は何故かこの日勢いでペアルックにするために道中15万の服をサクッと買ってきていた。狂っている。

フィッシュマンズのファンとかが買うのだろうか?でも何のために?青いブリーフっていう謎のフレンチな感じがまた良いのだろうか。深い。

 

Tシャツ名人、208さんのブツ。ピンバッジ付いてればオシャレだった時代が一時確かにあった。その時代への回帰流行現象を日本語プリントで表し、いやなんだこれ、なんでヒョウなんだ、なんだろう深い。

 

この日のために東京へ来日した関西インフルエンサーの八月さんレザー。会場の目玉だと思っていた、というか私が一番欲しかった。ゲストはあまり購入交渉していなかったが気付いていなかったのだろうか、というかわかってないのか。購入価格すら安く思える珠玉の出来。購入希望者多数だったが、いつのまにか売買が成立しており多数の人間が涙を呑む結果となった。

表参道でクローズド開催であるということで、当初は動員どうなるかなぁとも思ったが、開催側がそもそも多かったので賑わいは絶えなかった気がする。

TAKE FREEコーナーが山賊にやられたりと、凍狂らしさを感じるシーンもあったが村人たちも元気にやっていた。

 

あ、コマキさんはこの通り相変わらずでした。

 

またの開催を

ご期待ください。


← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. コスミ様
    いつもありがとうございます。コマキさんは相変わらず狂っておりました。
    山賊というか、まあ色々と仕切りがうまくゆかずに品物を黙って持っていかれたりといった次第ですね。
    次回は気を付けようと思います。

  2. コスミキヨト

    お疲れ様です。コマキさん相変わらずカッコいいですね!
    山賊にやられたとはどういったことなのでしょうか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください