ブログ移転早々まーたナポリシャツかよ?

このブログを読んでいる人は、ナポリのシャツにそろそろ飽きてきたのではないだろうか?
いや私はもう正直飽きている。

あまりにもナポリのシャツばかりを着ていると、新宿ーノでザルソバッティを食べだしたり、日常のうなずきが(ナポリ)になったり、「パンナコタぁないよ」とか「ごペンネ」とか言い出すぐらいにはイタリアにかぶれてくる。
 
確かにイタリアのシャツは流行り、セレクトショップのオリジナルシャツでも「イタリアンカラー」「ワイドカラー」が跋扈した。

短期留学して「あたしってやっぱり海外向いて正確だったし?外国人しかダメなんじゃないかあって思ってぇ」と触れ回る女みたいなシャツばかりになった。
少し落ち着いてきた今ですら、隙あらば店頭ディスプレイから人のワードローブめがけてカッタウェイカラーを押し込んでくる勢いだ。
国産シャツのしっかりした縫製とナポリの色気の融合、みたいなすまし顔のダノレガレ的シャツが店頭を彩る。

 
ナポリっぽくない新しい印象のシャツがほしい今日この頃。
 
だけれどもワードローブにはナポリシャツがわっさわっさなので結局今日もナポリのシャツを紹介、いやもう最後にするからさこれで最後。

ブランドはVincenzo di Ruggiero。
ナポリの中では老舗に入るカミチェリアである。

 
vin1Vincenzo di Ruggero
 
 色はブルーのストライプ、ワイドカラー。
ストライプが少し変わっているが、基本的にはオーソドックスな形である。
 
 
 
Vincenzo di Ruggero
 
Vincenzo di RuggeroVincenzo di RuggeroVincenzo di Ruggero armアームホールVincenzo di Ruggero手縫いの仕上げ


まあ肩が手縫いとか前フリとか、何箇所がハンド仕上げだ根巻きだ鳥足だ柔らかな仕上がりだのはもうこの際どうだっていいではないか。

今更そんなこと書いたってこのブログ読んでる人は「わかったわかった」で済むと思うし、襟がキレイだとか、もう腐るほど見てきたのでどうだっていいではないか。

まあ着心地がボレッリと同等のレベルなので昔からよく着ていた。
ただこのシャツに言いたいことはひとつ。

 

Vincenzo di Ruggeroダイヤモンドステッチ

これは、もう一着の最近のヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロのシャツ。

ダイヤモンドの補強、シャツ好きならこれを見るだけで「あれ?」となるはずだ。
台襟の補強のためと言われる「ダイヤモンドキルテッドカラー」。

アメリカのIke Behar(アイク・ベーハー)が特許を取得し、自社ブランドのトレードマークとしているものである。

なぜヴィチェンツォ・ディ・ルジエッロでは使われているのか?

<a href=”http://www.vincenzodiruggiero.com/” target=”_blank” title=”ブランドのサイトには英語版ページが作られていない”>ブランドのサイトには英語版ページが作られていない</a>ため、コンタクトできない。

仕方ないので、アイク・ベーハー社にメールを送って確認してみた。

なんやあんさんのトレードマークとかいう技術、イタリアのシャツ屋が十八番みたいに扱こうて商売しとるで、親族でもおるんか、と。

もちろん返事はないのだが、これはひょっとして何かしらの関係があるのではないだろうか。

訴訟大国アメリカの老舗ブランドが、マイナーといえど結構な技術を持って高価格帯で売っているイタリアのシャツ野郎を放っておくことなどあるのだろうか。

ううむ、誰かに教えてほしいところである。