フルワイヤレスイヤホンのEARINのM-2を半年使った話


シンプルさと快適さと心地よさでearinのM-2を買った。
 
2年前の2016年9月、EratoはApolloというフルワイヤレスイヤホンを発売した。視聴しに行き、音質の問題がどうしても納得できず、断念。それからずっとフルワイヤレスイヤホンを探し、B&Oやソニーなど、多種多様のものを視聴し、最終的には低音+遮音性を求めていたので低音と言えばオーディオテクニカだろ、という元バンドマン的な偏見バリバリで「ATH-CKS7TW」の発売を待っていた。
 
ところが、直前で発売中止。クオリティを担保できないと判断したようだ。
 
そこに、たまたま友人から「買う?」と言われたこのM-2である。もともと、見た目では最も最高だと思っていたものの、これも音質に最後まで納得できなかった。
 
比較調査していた中には入っていた。WF-1000Xはバッテリーが少なく除外。Zolo Liberty+は音もスペックも良く、コスパも効いており個人的に気に入ってはいたが、名前とそのZOZOみたいなロゴがイヤホンにあるのが嫌だった。
 
 
B&OのE8は全体としても良かったが、ケースがちょっと苦手。なによりもShureのイヤホンに慣れていたので、イコライザ無しで低音がほしい。
 
Shureのイヤホンが好みなのだがBluetoothはフルワイヤレスではない。Eratoの2つはどちらも遮音性に乏しく音量も小さい。スタイルで言うならミニマルで最も良いと思ったM-2だがイヤピースがウレタンで遮音性があるけど嫌だ。WEBで評判のSpinに変えても微妙。
 
が、最終的にイヤピースをfinalにして音質を解決した事により、晴れて納得のデバイスとなった。有名なイヤピースのコンプライとかよりこっちの方が気軽に使えて個人的には好き。特に全サイズ一緒になってて外れにくいサイズを探せるのは良い。
 
 
比較をe-イヤホンでひたすらした挙句、これならアリだなM-2、となった時に渡りに船。結婚式の2次会で当てた友人から譲り受けた。
 
さてこのEARINのM-2、ユーザーエクスペリエンスを重要視したつくりになっている。
 
金属の筒を開ける。無造作にイヤホンを取り出し左右を気にせず耳に刺す。そのまま片耳をタップする。
 
これだけで、起動・iPhoneとのペアリング・音楽再生まで行ける。左右はイヤホンが勝手に判別する。
 
片耳をタップして再生を止めれば、自動でトランスパレンシーモードに入るので、周囲の音が聞こえる。そのまま買い物や会話もできる。
 
使い終わったら金属の筒にしまう。音楽が止まり電源が落ち充電される。使用時間によるが、一日2時間程度の使用で少なくとも5日間は充電しないでも使えた。
 
音量変更や検索的な選曲となるとiPhoneの操作が必要になるが、シンプル。とにかくストレスがない。
 
 
 
それでいて、それぞれの動作に込められた快楽。特にケースだ。
 
黒くマットな仕上がりで、素晴らしくすべすべである。腕を振った際にすっぽ抜けて手の隙間から弾丸のように射出されたことが既に三回。結構なスピードで飛んでいってゴツッと衝撃が加わるので、冷汗がでるものの開けてみるとセーフ。丈夫に出来ているらしい。
 
ケースの開け閉めではスゥッと適度な力で滑らかに開き、開ききると「カツッ」と鳴る。この鳴り方が心地よい。
 
さらにイヤホンをしまう時はマグネットで「カチリ」と吸い込まれるようにハマる。
 
最後に、ケースを閉める時。まさしく納刀時の音で、「キン」と鳴る。
 
無機質な肌触りと、硬質な音がマッチしてミニマル。実にブランドの表現するカスタマーエクスペリエンスに一貫性があって、取り出す・聴く・しまうという一連の動作の中で、五感で接触するそれぞれのポイントを意識的に高めようとしているのがわかる。
イヤホンはフルワイヤレスホンの中でも恐らくトップクラスに小さく、ロゴも見えづらい同系色。真ん中のタッチポイントだけが僅かにオレンジに灯る。
 
 
ただひとつ、スマートフォンのアプリだけはいかがなものかと思ったが、普通に使用していれば関係ないものなのでそこは問題ない。
 
充電はここにUSBケーブルを指すのだが、3つのランプで充電具合が常にわかるようになっている。
とにかくスムースでソリッドでミニマル。
 
レビューを見ると「雑多な所では途切れる」とあったが、満員の地下鉄や渋谷のスクランブルで一回ずつくらいである。

この値段だけが非常なネックだと思うのだが、他の生地を見ている限りサポートもしっかりしているようなので、あとは今後のアプリのアップデートが待たれる所。

これ以上特に望むものは無いのだけれど。


← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. かわふくろう様
    いつもありがとうございます。
    JVC、気になってはいたものの視聴が空いてなくて聞けなかったんですよね。重低音とありますけどshureに慣れてる自分としては変な化学調味料感が出てないか勘ぐってしまいます。笑
    Finalは私も意外でした。国産でこんな丁度いいのがあるなんて誰か早く教えてくれよと。
    こんなブログでも何か参考になるなら幸いです。

  2. かわふくろう

    いつも大変興味深く拝読しております。
    JVCのフルワイヤレスHA-XC70BTを使っていますが、早速、イヤーピースをCOMPLYからFINALに変えてみましたところ、かなり具合が良くなりました。有難うございます(笑)。店頭で聴き比べて音質・音圧でHA-XC70BTを選んだのですが、EARINは試したことがありませんでした。欲しい。

    南シャツといい、JMウェストンといい、FINALイヤーピースといい、貴サイトに影響触発されて買ったものが多いです。有難うございます(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください